黒豆の意味

黒豆は、おせちにはなくてはならない祝い肴の筆頭です。
まめまめしく生きるという意味合いがあります。
関西風は甘くふっくらとたき、関東風は「しわの寄るまで長生きできるように」と、表面にしわを寄せて仕上げます。
豆は大きめの粒のそろったもので、光沢のよい鈍い自然のままの色のものが良質。
なんといっても丹波の黒豆がおすすめです

時間のかかる料理で、煮汁が常に豆にかぶっているように見張っていなければなりません。
手間暇はかかりますが、
色よく仕上げるために、さび釘を数本入れて煮るという方法もあります。
ただし、よい豆を使えばこれも必要ありませんし、早くにあがりますのでおすすめです。

黒豆の作り方にはいくつかレシピがあります。
古釘を使う場合や圧力鍋で煮る場合には先に煮汁を作ってつけ込んでおきます。
そうでない場合は、たっぷりの水に一晩つけ込んでおきます。
よい豆ほど楽にできますので、豆選びに気合いを入れましょう。