おせち料理について

板前魂 おせち料理2015
このエントリーをはてなブックマークに追加  

おせち料理について記事一覧

おせち料理には意味がある!

子供の頃、おせち料理にはどの料理にも意味があり、年の初めに食べておきたい演技のいい食べ物なのよと、母から、そして祖母から教わりました。ふと・・・私は子どもにこういうことを伝えてきたかしら?と不安になったりして。こういうお正月独特の料理について、いわれやその料理の意味を、しっかり自分の子ども、次世代に...

≫続きを読む

 

おせちをいただくお正月、今・昔

最近は有名料理店やデパートなどで何万円もする豪勢なおせちをお取り寄せして楽しむというご家族が多いとか。共働き家庭が多くなり、お母さんは年末も忙しい。それにおせち自体を母親から受け継ぐ事がなかったので、作り方もよくわからない。まずいものよりもお店のおいしいものの方がいいだろう!!という気持ち、よくわか...

≫続きを読む

 

おせちは特別な料理

節句という季節の変わり目を祝う行司が、今もお正月の行事として残っています。昔は食べ物も乏しく、栄養価的に見ても健康に生きるという事がとても難しい時代でした。今も貧しい国では栄養失調や感染症などで亡くなっていますよね。当時は薬もなかったですし、栄養源も乏しい時代ですから、子どもの成長、健康に年を重ねる...

≫続きを読む

 

残ったおせち、どうしてる?

お正月の楽しみ、となればやっぱりおせち料理。子供の頃にはお年玉がもらえる!ということも楽しみだったし、親類に久しぶりに会えるということも楽しみでした。でも大人になるとお正月はお年玉はもらえずあげる方だし、楽しみといったらやっぱりお正月にいただくおせち料理ですよね。いくつになってもなんだか神聖な気持ち...

≫続きを読む

 

おせちはよく考えられたヘルシーフード

おせち料理はとても良く考えられた日本の伝統食だと思うときがあります。まず、日持ちがいい、ということ。それに伝統的に作られる料理の数々を見ても、とてもヘルシーだという事がわかります。もちろん和食ですし、もともと歳神様にお供えした食べ物がアレンジされてきたものですから、シンプルでも日本で昔から食べられて...

≫続きを読む

 

主婦の味方?「おせち料理」

年末から年始にかけて、家庭も企業も忙しい時期です。特に家庭では年越しに向けての準備が伝統に基づき行われているのですよね。女性が社会に進出し、職を持ち、家庭と両立させながら頑張っていますが、社会に居場所を作ったことでさらに忙しくなっています。年末には大掃除。1年の汚れをしっかり取り払うために普段の掃除...

≫続きを読む

 

おせちは日持ちする料理

お正月に食べる料理ってどうしておせちっていうの?とおばあちゃんに聞いた事があります。うちは田舎なので、祖父母と同居でこうしたおせちの由来などを幼い年代で聞けた事が、とてもいいことだったと、今になって思います。おせちというのは、季節の節句ごとにお祝いされていた昔からの伝統が残ったものです。昔は五節句が...

≫続きを読む

 

おせち料理で取れる栄養素

おせち料理は年神様に供えるものでしたが、正月に家族で囲んで食べるものとなってきました。一年のはじめに食べる料理として高い品質の豪華な料理となっており、その栄養素も豊富になっています。まずおせち料理に必ずある黒豆はまめに健康に暮らせるように、といった意味が込められている料理です。黒豆は大豆の一種ですの...

≫続きを読む

 

おせちは海外でもブーム

おせちは海外でもブームです、お弁当ブームが発展して新年は豪華なお弁当を作るというイメージのようですが、例えば、フランスではお鮨ブームやカニカマブームがすでに一般的ですので、ある意味当然のことかも知れません。日本の料理の飾り付けはシンプルですが、色合いのバランスをとったり、評価が高いものです。おせち料...

≫続きを読む

 

おせち料理に足らないもの

おせち料理というと、多くの品が入っており、豊富な栄養素も期待できる料理です。三段重ねでも30品以上の品がありますし、四段重ね、五段重ねになるとそれ以上の品が入っています。2人前からも販売されていますので、核家族化してきた現代にぴったりですよね。実際人気のおせち料理は三段重となっています。価格も手頃で...

≫続きを読む

 

おせち料理の変わったメニュー

おせち料理は定番のものが一番美味しい、確かに定番のものは味も安定していますし、安心して食べる事が出来ます。また一年に一回のことですし、飽きることもそうそうありません。ですが、やはりたまには変わったおせち料理を食べたい人も多くいます。そういった場合は、定番のおせち料理に加え、一品変わった料理を追加する...

≫続きを読む

 

おせち料理は料亭や本格派を

おせち料理のお勧めはというと、やはり本格派のものです。料亭が監修していたり、有名な料理人がチェックしていたりするおせち料理はそのネームバリューから信用度も高いです。ネットなどの通信販売の場合、信用度は社会的信用度の準じますので、やはり安心出来るおせち料理は伝統と実績がありますね。本格派のものでも冷蔵...

≫続きを読む

 

キャラクターおせち人気が加速

年々キャラクターおせち人気が加速しています。2010年頃からちらちらと目立ち始めたキャラクターおせちは倍々ゲームのように売上げを伸ばしているようです。不思議なもので、2倍の量を用意したら2.5倍の注文が入るという状態のようで、毎年足りなくなるのが不思議です。不思議なのは、注文が入った分だけ作って売っ...

≫続きを読む

 

おせち料理の意味

和風おせちというのも変な感じですが、最近は和風の祝い肴三種や口取り、酢の物、焼き物、煮物などにこだわらないおせちも増えています。和洋折衷はあたりまえ、なかには和風の料理がひとつも入っていない中華風のおせちまで出回っています。おせちの海老は長いひげをはやし、腰が曲がるまで長生きすることを願ってもりつけ...

≫続きを読む

 

おせちの由来と歴史

もういくつ寝ると・・・お正月。こんな歌がうたわれるお正月は、ワクワク楽しみな人も、慌ただしくて時間に追われる人もたくさんいますよね。でも時間に追われるのはなにも人だけではありません。実は時間に追われているのは人だけじゃなくて、おせちだってその登場は今か今かと準備ともてなしに追われているのです。でもこ...

≫続きを読む

 

おせちの中身と意味

おせちの中身は古今東西いろいろとありますが、有名なおせちの定番食材は、どこに行っても定番食材ではありませんか?またおせち料理は今でこそ中華おせちとか、洋風おせちなどがありますが、それぞれに定番食材は意味や願い、日持ちがするか否かということまで考えられているって知っていますか?例えば先ほどのように東西...

≫続きを読む

 

おせちの目的とは

おせちってどんな目的で作られる料理だと思いますか?以前はお正月というとお店もスーパーもほとんどが休みだったので、お正月に食べるものがないということで作られたんじゃないかと思いますか?いやいや・・・お正月にちょこまかとお母さん達女性が、動き回らないといけないのを休ませてあげるための目的があると思います...

≫続きを読む

 

おせち料理と盛り付け

おせちでよく見かけるのは、ご丁寧に重箱に入って格式高そう・・・。こんなイメージがありませんか?実はおせちの本来のスタイルに乗っ取った形というのは、4段重ねの重箱に詰められているのです。しかもこの4段重ね・・・4段重ねたときに美しく見えるように、横側にも模様が入っており、模様もあわせるのが礼儀なんです...

≫続きを読む

 

なぜおせちを食べるのか

お正月になるいろいろと欠かせないものがあります。そのいろいろと欠かせないものの代表といえば、やっぱりおせちでしょう!でもちょっと待ってくださいよ。お正月のおせちって、もはや定番どころじゃなくて、おせちがないと始まらないという雰囲気すらありますが、そもそもなぜおせちを食べるのでしょうか?それはおせちを...

≫続きを読む

 

最近気になる美味しいおせち

おせちというとどうしても想像するのは、田作りや煮物、数の子に、きんとんに・・・と純和風な料理ではないでしょうか。でも最近はどこかのコマーシャルではありませんが、純和風のおせちもいいけど、飽きたらちょっと変わったおせちが食べたい!こんな考えの人も増えてきています。そこで登場してきたのが洋風や中華のおせ...

≫続きを読む

 

地元のおいしさフューチャーおせち

おせち料理の中につめる料理には、ひとつづつおめでたい意味を込めて作られています。五穀豊穣、家内安全、子孫繁栄といった古くからの日本人の祈りが、おせち料理には込められているんです。おせちは地方によって中に入る料理に違いがあり、その土地で取れるおいしい野菜や魚が入ります。調理の仕方にも地域性が入るので、...

≫続きを読む

 

おせちの成り立ち

おせちはもともとは中国の習慣で、奇数を節句として区切っていたのが始まりでした。日本では節句にはお祝いの膳を囲み、先祖を敬い、五穀豊穣、子孫繁栄のお願いをしました。最初は上流社会だけの習慣だったおせち。武家の正月の祝い禅でした。一般の庶民にもこの習慣が浸透定着するのは江戸時代以降になります。おせちが発...

≫続きを読む

 

冷凍おせちの解凍方法

多くのおせちは冷凍で届きます。冷凍のおせちは解凍方法をきちんと確認して、おいしく食べたいですよね。せっかくのおせちですから、解凍方法を間違えないようにしないと、パサパサになってしまったり、水っぽくなったりすると台無しです。冷凍おせちは、解凍方法がマニュアルでついてきます。その通りに解凍すると間違いが...

≫続きを読む

 

お正月とおせちの移り変わり

おせち料理は、江戸時代には広く庶民の正月を迎える料理として定着していきました。もともとは平安時代に朝廷行事になっていた節日の「節会」と呼ばれるごちそうから広がったものです。節会は、神さまにお供えしたり、その後食べたりした料理です。おせちくと呼ばれていたこの食べ物がのちにおせちと呼ばれるようになったと...

≫続きを読む

 

おせちのテーブルセッティング

おせちについてくる祝箸。お箸もお正月は特別なものを使います。お箸は普段の食事や不祝儀の際には褻の箸をつかいます。これは一般的な割り箸などのように、一方だけが少し細くなっていって、箸の上下がわかりやすいものです。細くなっている方で食べ物をつかみます。一方正月のおせちを食べる時の箸は、晴れの箸です。この...

≫続きを読む

 

おせち料理の由来

おせち料理は、新年の豊作を願った供物に、武家の祝い禅や江戸の一般家庭の料理が混ざって発展しました。神さまに神饌として備え、それを下ろして一緒に食べるための習わしでもあります。お正月の3日間の間、人々の食卓にあがる料理ですから、保存がきくように濃い目の味付けを行っていました。この正月の3日間は一家の主...

≫続きを読む

 

おせち料理と年越しそばの関係

日本には古来から、その土地や家風により、年末からお正月にかけて、それぞれの土地や家に伝承されてきた年の瀬の行事、年越しの行事があります。中には、年を越さない大晦日に、家族みんなで身支度を整えて祝い膳を囲む年取(としとり)という風習があるのをご存知ですか?年取の膳とは、歳神様にお灯明をあげ、お神酒や料...

≫続きを読む

 

おせち料理の意味

いつから、「新年あけましておめでとうございます」という、年初の挨拶が交わされるようになったのでしょうか?おめでとうは、めでたい?実は、おめでとうは、”愛でること甚し”という言葉から発祥したそうです。愛でるは、喜ぶの意味があり、家族が無事に健康で過ごせたことに感謝し、すがすがしい気持ちで新年を迎えられ...

≫続きを読む

 

おせち料理と門松の関係

昔の日本のお正月には、家の門には門松が並び、食卓の上にはおせち料理が用意されておりました。おせち料理は、新しい一年を喜び、家族の健康を願って食べるものですが、門松にはどのような意味があるのでしょうか?門松は、お正月に飾るものだと思われている方も多いと思いますが、実は、歳神さまが宿る場所であり、歳神の...

≫続きを読む

 

おせちの由来と歴史

おせちの由来をまずご紹介いたしましょう。なぜ「おせち」という名前でよばれるようになったのでしょうか。「おせち」は御節と書きますが、季節の変わり目(節)の大切な日(節日)をお祝いする行事(節句、節会)のために、神様にお供えする料理(節供料理)のことで「御節供(おせちく)」を略して「おせち」となったよう...

≫続きを読む

 

真空パックと冷蔵のおせちの特徴

通販で真空パックの状態でおせちが送られてくることがあります。真空パックの特徴は、それぞれの素材が小分けになっていて、開封するまでは日持ちがするようになっています。そして袋を開けると、作りたての美味しさを味わうことができます。それで料理の量をみて、足りなくなったら袋をあけ、補充をするということができる...

≫続きを読む

 

食物アレルギーとおせち

食物アレルギーの方は年々増えてきています。例えば卵アレルギー、またエビアレルギー、カニアレルギーなどなどです。それでおせち料理を作る時も、それに気を付けないといけない家族は増えてきています。しかし品数の多いおせち料理、アレルギーにも気を使わないといけないとなりますと、結構大変です。おせちを手作りで作...

≫続きを読む

 

余ったおせち料理を食材にしてしまう

おせちはつい作り過ぎでしまうもの、三が日も過ぎてしまうと、おせち料理で余ったおかずに悩みはじめるもの。まだまだそのまま食べても美味しいおせちも、ちょっとアレンジして料理の素材にしてしまうと、もっと美味しく頂けます。例えば、長呂儀はチャーハンの具にして和風チャーハンにアレンジすると美味しい食材になりま...

≫続きを読む

 

おせちの飾りの作り方

おせちは飾り付けも大切です、キュウリやトマトなどを使うと人参を下拵えするよりキレイに、そして簡単に飾りを作ることができます。トマトは洗ってから皮のまま使えます、バラの形に盛りつけるだけで十分プレートの飾りになります。サラダだけでなく、どんなお料理に飾ってもキレイです。トマトの飾り付けはプチトマトをバ...

≫続きを読む

 

おせちは料理だけではありません

おせち作りはああしよう、こうしようと考えていてもいざとなるととても時間が掛かるものです。面白いレシピを見掛けるとつい自分もと思ってしまいますが、時間が掛かってキレイに見えるおせち作りはある意味当たり前、できるだけ時間を掛けずに効果があるおせち料理作りを目指しましょう。おすすめなのは日本料理や和食レシ...

≫続きを読む

 

子供も喜ぶおせち料理

子供も喜ぶおせち料理には、どんなものがあるでしょうか。まず人気なのが、ディズニーおせちセットです。ディズニーファンなら、子供でなくても一度は食べてみたいおせち料理ではないでしょうか?まず、お重箱がかわいい。ミッキーの顔をかたどった三段重です。しかも中の料理もなかなか充実しているようです。というのは、...

≫続きを読む

 

おせち料理の基本と作り方

おせちを重箱に詰めるのは「めでたさを重ねる」という意味があり、江戸時代の武家での習慣と言われています。もともとおせちの正式は5段重ねで、それが「死」の4重を避けて、4段になりかえって演技が悪く見えるということで現代の家庭では3段重が普通になりました。一の重、二の重、三の重の順番に詰めるおせちも決まっ...

≫続きを読む

 

おせち作りのコツ

おせちはどんどんキャラクター化が進んでいます。お弁当もキャラ弁が人気になりましたが、おせちも流れは同じです。お弁当ブームで冷凍食品も常温で解凍して美味しいというシリーズをたくさんだしています。ちょっとした和洋折衷のおせち料理なら、お弁当用の冷凍食品を利用しておせちの品数を増やすこともできます。おせち...

≫続きを読む

 
このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム